福嶋裕子(臨床心理士・公認心理師)




精神科クリニックに約30年間勤務し、
統合失調症、うつ病、パニック障害、適応障害、
パーソナリティ障害、発達障害など
様々な疾患の方との
カウンセリング、心理検査を行ってきました。

中高大学生から
会社勤めの方や主婦などミドルシニア
といった年齢層の方が中心でしたが、
小学生や高齢者の方にも
対応してきた経験があります。

近年は、教育現場でのカウンセリングを行い、
不登校などの学校関連の問題
などにも取り組んでいます。

これらの経験を経て、
長期にわたって生きづらさを抱えている方、
薬での対処療法ではなく根っこの問題に取り組みたい方、
に対応しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

学習院大学大学院人文科学研究科
臨床心理学専攻 博士前期課程修了

所属学会/日本心理臨床学会・日本精神分析学会

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【来室をお考えの方へ】

カウンセリングで語られるのは
非常にプライベートな話です。
今まで決して他人に語ることのなかった話、
あるいは自分でも触れないようにしていた自分自身について、
などです。

その「超」プライベートな話を他人に語ること自体、
またそれを他者から「理解された」という実感を
得ることは、
語った人にとってとても意味のあることと思います。

しかしそれだけではなく
普段語られることがほとんどないプライベートな話は
「生きづらさ」「長年続いているしんどさ」
につながっていることがしばしばです。

それらに触れ、
その対処を考えていくことは簡単なことではありません。

現代社会では
効率を求めることや
単純でわかりやすいものであることが
よしとされる風潮が強いように感じています。

それはそれでよいところもあると思いますが、
心の中に秘められてきた
「超」プライベートな話は
効率や単純明快さではとらえきれず、
対応しきれないことが
しばしばと思います。

カウンセリングで扱うのは
これらの「超」プライベートな部分です。
カウンセリングは
自分の「超」プライベートな部分に触れる体験
ともいえると思います。

「超」プライベートな部分に
触れることの困難さや怖さに対して、
抵抗感や反対意見を持つ人もいると思います。

あるいは
「超」プライベートな部分に
触れようとすること自体が
時代に逆行している感も否めません。

表面的な問題解決にとどまらず
自分の「超」プライベートな部分に触れ、
生きづらさに取り組んでいこうとする方を
サポートすべくカウンセリングを行っていきたい、
と思っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「カウンセリング」という言葉は
広く普及してきていますが、
実際にはどういう治療法なのか、
どういう人や場合に向くのか、
ということが一般の方にはまだ不明確であるのが
現状ではないかと思います。

カウンセリングに来る方々の悩みや症状も、
またそれらのレベルも様々であること、
その方々がおかれている状況も、
使える時間やエネルギーも様々であること、
なども今までの経験から実感しています。


来室にした方に
カウンセリングとはどういうものなのか、
どのようなカウンセリングが考えうるのか、
などを提示することでも
お役に立てるのではないか、と思っています。